Youtube集客

youtube動画の再生回数を増やすために重要な3つの導線とは?

どうも、Yuです。

今回はYoutubeに投稿した動画の

再生回数を増やすために意識するべき3つの導線を紹介します。

基本的に動画へのアクセスはこの3つの導線からやってきます。

なのでそれぞれの特徴を理解して、

攻略すれば思い通りに再生回数を伸ばすことが出来るわけです!

Youtube動画の再生回数が増える3つの導線

基本的にYoutube動画のアクセス(視聴者)は

以下の3つからやってきます。

・Youtube検索(またはSEO)

・関連動画

・チャンネル登録者

Youtube検索とは?

まずYoutube検索とは、

Youtubeの上部に表示されている

検索窓からの検索ですね。

これは検索エンジン(SEO)と同じ様に、

キーワードを打ち込むとそれに関連する動画が表示される手順です。

なので、動画のタイトルに

検索されやすいキーワードを含んでおくと

再生回数が増えやすくなります。

また、Youtubeの動画は

それ単体がGoogleやヤフーなどの

検索エンジンに表示されることがあります。

↓↓↓

なのでシンプルに動画をサイトの一記事と考えて

キーワード選定していけばいいのです。

ブログなどでSEO対策をする知識がそのまま使えるということですね。

関連動画とは?

関連動画とは動画再生ページの

右側にずらっと表示されている動画群の事です。

今再生されている動画と

関連度が高い動画がそこに表示され、

Youtubeのアクセス元の7割ほどを占める

巨大な導線になっています。

関連動画に表示される条件としては

・その動画と関係がある動画

・再生回数が多い動画

であるようです。

なので、関連動画に表示させたい動画と

同じ様なキーワードを使ったりするとねらい目ですね。

ただある程度の再生回数が必要になるので、

まだチャンネルが弱いうちはYoutube検索か

次に説明するチャンネル登録者を意識すると良いと思います。

チャンネル登録者とは?

チャンネル登録者とは、

その動画が投稿されているチャンネルのフォロワーです。

動画を投稿すると、

チャンネル登録してくれている人に

毎回通知が行くようになります。

つまり、投稿直後から再生回数を増やしていけるわけです。

再生回数が投稿直後から増える

関連動画に表示されやすくなる

アクセス爆発!

という流れがヒット動画の法則となっています。

なのでまずは再生回数よりも、

チャンネル登録者を増やすことを意識した方が良いわけですね。

チャンネル登録者を増やすコツとしては

毎回の動画内や終了画面、説明欄で

「チャンネル登録」の訴求をしたり、

視聴者がまた見たくなるような同ジャンルの動画を

たくさん同じチャンネルに投稿していくと良いと思います。

最初から一気に増えたりはしないので、

根気強く動画を投稿し続けていきましょう!

Youtube動画3つの導線まとめ

以上が主にアクセスがやってくる3つの導線です。

基本的には、

検索キーワードやチャンネル登録者で

最初にアクセスを流し、

再生回数が増えてきたら関連動画に

表示されるようになってさらに爆発!

という流れになります。

なのでまずは投稿頻度、

それぞれの動画のジャンルの統一感や質を

意識すると良いと思います。

例にもれず集客(メディア作り)は根気が命です。

無料でいくらでも集客でき、

さらにある程度育てば自動集客装置になるので、

それをモチベーションに作業を続けていきましょう!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「Youtube集客」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です