どうも、Yuです。

 

前回の記事もう2018年は稼げないと言われていたトレンドアフィリエイトで月収10万円を達成出来たことについてお話しました。

 

今回は初心者の実績作り用のノウハウを作りたいと思って実践したので、外注一切なしの全て自分の手作業での達成となります。

 

今回はトレンドアフィリエイトのことについてよく知らないの方のためにこのノウハウの概要と、現在実践しているけど結果が出ない人のために僕の成功の秘訣となった2018最新のトレンドアフィリエイトで稼ぐための戦略とコツについて書いていきたいと思います。

 

トレンドアフィリエイトとは?

 

トレンドアフィリエイトとは、2013年頃から爆発的に普及したアフィリエイト手法の一つで、「商品を売らずに稼げるアフィリエイト」として多くの初心者の方が実践し始めたノウハウです。

 

なぜ商品を売らずに稼げるのかというと、「Googleアドセンス」というクリックしてもらうだけでブログ所有者の収益になるクリック型アフィリエイト広告をメインの収益源にしているからですね。

参考記事:クリック型広告と成果報酬型広告の違い

 

Googleアドセンスは現在誰でも比較的に簡単に掲載できるアフィリエイト広告で、クリック型の中でも非常に高い単価で報酬が支払われるのでこのアドセンス広告をブログに貼り付けるだけで、特に商品の紹介などをしなくても誰でも月収10万円~30万円くらいを稼げてしまいます。

 

やはり、自宅で好きな時に仕事が出来る副業として人気なアフィリエイトも、「商品を売る」という事は初心者の方にはかなりのハードルなんですよね。

 

なので、それを完全にスルーしてブログ集客だけで稼げるとなれば初心者の方がこぞって参入したのも納得できるのではないでしょうか?

 

トレンドアフィリエイトが具体的にどんなノウハウなのかについてはこちらで解説しています。

トレンドアフィリエイトとは初心者が最も稼げるノウハウ!

 

トレンドアフィリエイトが2018年現在稼げないと言われる理由

 

しかし、そんな簡単そうに見えるトレンドアフィリエイトにも一つだけ欠点があります。

 

それはかなりのアクセス数をブログに流さないと大きく稼げないという事です。

 

アドセンスは比較的単価の高いクリック型広告と言われていますが、それでも1クリック平均30円ほどです。

 

さらに広告の平均クリック率は100PVにつき1回(100回そのページが見られたら1回クリックされる)と言われているので、仮に月収10万円を稼ぎたかったら月に35万PVくらいが必要になってしまいます。

 

トレンドアフィリエイトのノウハウ自体はかなりのアクセス数を稼ぎやすい物になっているのですが、それでも初心者が何の工夫もなしに達成できる数字というわけではないんです。

 

 

さらに、トレンドアフィリエイトが広まってから5年以上経ったことで、それまでは稼げていた「ゴリ押し気味のやり方」ではほとんど稼げなくなってしまってる現状もあります。

 

このやり方ついては後で最新ノウハウと比較しながら説明します。

 

というのも、僕も昔はトレンドアフィリエイトでかなり稼いでいたことがあるのですが、その時はこのゴリ押しノウハウでやっていて、最近またチャレンジしたところ全く稼げなかったのでこれは間違いないです(笑)

 

なぜゴリ押しで稼げなくなったかと言うと、GoogleやYahoo!の検索エンジンがより高度になったことと5年で参入者の累積数が多くなったことでしょうね。

 

累積数=ブログの数という事なのですが、長い年月運営しているブログが残っているので安易なキーワードでは新規ブログが上位表示できなくなっているという事です。

 

よく知らない方はあまり意味が分からないかもしれませんが、まぁ熟練者が多いので初心者が上に行き辛くなったとイメージしてください。

 

 

現在はこういう条件下なので、確かに最初は稼ぎづらさは感じました。

 

ですが「2018年は稼げない」のは、あくまで「安易なキーワードでのゴリ押しノウハウ」に限った話でした。

 

真のトレンドアフィリエイトが持つ爆発力は、月間35万PVの壁やブログ運営年月の壁なんか簡単に吹き飛ばすものなので、初心者の方が2018年から始めたとしても余裕で稼ぐことが出来るのでご安心ください!

 

というか、稼げない説が広まって参入者が減っているので今がチャンスという状態ですらあります!

 

まぁそもそもブルーオーシャン市場ではなくライバルが多いレッドオーシャンでも稼げる手法が本来「ノウハウ」と呼ばれるものなんでね。

 

それさえちゃんと身に付ければ時期や参入者は全く関係ないことを僕が証明しました。

トレンドアフィリエイトで月収10万円を達成!2018年も稼げる!

 

2018年にトレンドアフィリエイトで稼ぐための戦略!

 

ではここからは僕が月収10万円を達成できた具体的な秘訣について詳しく話していきたいと思います。

 

まず2018年は稼ぎづらくなっているのは「ゴリ押しノウハウ」に限った話だと書きました。

 

このゴリ押しノウハウが具体的にどんなものなのかと言うと、虫眼鏡やGoogleサジェストなどの「関連キーワード」に頼り切ったノウハウです。

 

例えば今日本で1番人気の女優さんといえば、新垣結衣さんだと思います。

 

これだけ人気なので、毎日何万人という人が新垣結衣さんについて検索をかけますね。

 

そして例えばYahoo!で検索をかけたとすると、こういった補助キーワードのようなものが出て来ます。

 

 

これを通称虫眼鏡キーワードと言います。

 

あまり詳しく説明しすぎると長くなるので軽く説明しますが、色んなトレンドアフィリエイトの教材やコンサルタントが

「新垣結衣さんというキーワードでは検索順位で上位表示できない場合は、新垣結衣さんの関連キーワードを使って記事を書きましょう」

と言ってきます。

 

関連キーワードを使う事でライバルの数が減らせるので、検索順位で上位表示がしやすいというわけですね。

 

かく言う僕も昔はこのノウハウで実践していて、新垣結衣さんは誰もが知りすぎているので、例えばヤフーニュースのトップに出た人物についてこれで書いていました。

 

 

ヤフーニュースのトップに来た芸能人などは、「この人誰?」とか「現在は何をしている?」とか気になる人が大勢出てくるので検索需要が高まります。(つまりトレンドが発生する)

 

なので、そういった人物について、虫眼鏡とかGoogleサジェストで出てきたキーワードをタイトルに盛り込んで記事を書けば多くのアクセスを持って来れるという考えです。

 

タイトル例はこんな感じですかね。

例:新垣結衣の現在の彼氏やドラマの衣装は?身長や髪型も気になる!

 

1記事では大きく稼げなくても、こう言った記事をたくさん書けば需要があるキーワードについて書いた記事が増えて、どんどんアクセスが集まるというわけですね。

 

 

しかし、今はこのやり方で実践したら間違いなくかなりの数の挫折者が出ます!

 

なぜならこういう虫眼鏡やサジェストキーワードというのはほとんどが数年固定されてしまうものだからです。

 

どういうことかというと、例えば新垣結衣さんの虫眼鏡キーワードである「彼氏」や「ドラマ」、「身長」というワードは最近出てきたものでしょうか?

 

どお考えても違いますよね。

どれもこれも可愛い芸能人にはありがちな関連キーワードなので、新垣結衣さんのデビュー直後から虫眼鏡ワードとして出ているでしょう。

 

という事は何年も経過している上に、ずっと存在し続けるのでどれくらいのブログやサイトがそのキーワードで記事を書いているのか想像も付きません。

 

まぁ検索エンジンの仕様上、古い情報よりは新しい情報の方が上位表示しやすくはなっているのですが、それでも新しくこのキーワードで記事を書く人が大勢いるので、まだ稼げていない初心者ブログが上位を取るのは不可能と言って良いんですね。

 

つまり誰もが簡単に見つけられる「虫眼鏡キーワード」ではいくら記事を書いても無駄だという事なのです。

 

 

ただ、もちろん全て無駄だというわけではありません。

 

虫眼鏡キーワードにも階層があって、「新垣結衣 彼氏」を押すか検索をするとさらに次の虫眼鏡の

「新垣結衣 彼氏 現在」「新垣結衣 彼氏 歴代」「新垣結衣 彼氏 フライデー」

などが出て来ます。

 

つまり虫眼鏡キーワードも多少は変わっているのですが、それでも昨今多くの人が虫眼鏡ばかり見ているので、どんどん上位の席は埋まってしまっています。

 

そりゃこのやり方で500記事でも書けば、どれかのキーワードがラッキーで上位表示して連鎖的に他のキーワードも上位に来る可能性はあるでしょうけど。

 

でも、そんなやり方でどれだけの人が挫折せずに続けられるでしょうか?

 

「いつ稼げるかも分からないのに、毎日2時間以上かけて記事更新をし続ける」

「しかも500記事書けば必ず稼げるとも限らない」

 

そんな精神状態でモチベーションを維持し続けられる人は、全体の1%以下でしょうね。

 

実際に僕もこれで1,2か月実践しましたがせいぜい月収1~2万円が限界で、途中でモチベの心が折れました(笑)

 

まぁそれでも月収1万円くらい稼げるなら、全くの初心者にとっては無駄で無いでしょうが、このやり方で月収10万円以上を目指すのはほぼ不可能だと思います。

 

これが、トレンドアフィリエイトでもう稼げない「ゴリ押しノウハウ」です。

 

昔はまだこのノウハウの実践者も少なく、検索エンジンも今ほど高度じゃなかったので、作ったばかりの初心者ブログでも300記事くらい書けば徐々にアクセスは上がっていきましたが、もうあらゆる人に知れ渡った今は特別なノウハウを使わないと上位表示はできません。

 

なので、例えば「目標記事数300!」というように記事数だけを意識して記事を書いている方は、月収1万円以上を目標にしているのならやめた方が良いと思います。

記事数100記事程度でもトレンドアフィリエイトの真の爆発力を利用できれば月収10万円は普通に行きますので。

 

でももしまだ月収5000円にも達していなくてとりあえず1万円を超えたいという方がいたら、僕のメルマガに登録して返信で聞いてください。

これくらいだったら完全無料で教えます。

 

メルマガ登録ページはこちら

 

 

ではここから2018年現在で月収10万円以上を稼ぐにはどうしたらいいのかを説明していきたいと思います。

 

まずそのために理解してもらいたいキーワードについての概念があります。

 

それが「ショートレンジ」「ロングレンジ(テール)」の二つです。

 

これはそのキーワードの検索需要の長さを意味する言葉なのですが、これを理解できていないとトレンドアフィリエイトではまず稼ぐことはできません。

 

ショートレンジ&ロングレンジ(テール)キーワードとは?

 

まずショートレンジキーワードですが、これは「短い期間しか検索されないが検索需要が馬鹿でかい」キーワードのことです。

 

画像で見ると分かりやすいです。

 

 

これは僕のブログのある一つの記事の11月のアクセス推移を表したものになります。

 

見てわかる通り、アクセスが11月中旬の後半に集中していますよね。

 

さらに、1日だけで3万PV以上集める爆発現象となり、それ以降は失速してアクセス数が激減しています。

 

 

これに対してロングレンジキーワードのアクセス推移はこんな感じです。

 

 

これもブログのとある記事の11月のアクセス推移を示したものになります。

 

日によって多少の差はありますが、平均すると一定の300程度のアクセス数をブログに集め続けているのが分かるでしょうか?

 

つまりロングレンジ(テール)とは爆発力は無いけれど、検索需要が下がらない安定したアクセスが見込めるキーワードだという事です。

 

【整理】

ショートレンジ:安定感はないが、少ない期間に大量のアクセスが集まる爆発力がある

ロングレンジ:爆発的なアクセス数はないが、長期間に渡って安定的にアクセスが集まる

 

 

これはトレンドアフィリエイトだけじゃなく、通常のサイトアフィリエイトや情報発信型資産ブログでも重要になる基本概念なのでよく覚えておきましょう。

 

で、これがどうトレンドアフィリエイトで稼ぐために重要なのかという事ですが、まずこれだけ聞いてあなたはショートレンジとロングレンジ、どちらのキーワードが良いと思ったのでしょうか?

 

恐らくですが、多くの人が「ロングレンジが良い」と思ったのではないかと思います。

 

一回爆発してもそれからアクセスが失速していくよりは、そりゃ半永久的に安定してアクセスを集めてくれる方が良いと思うのが自然です。

後はそういう記事をたくさん書けば、ほったらかしで毎日数万PVを集めてくれる資産ブログを作れるわけですから、これが理想なのは間違いありません。

 

ただ、当然事はそううまくはいきません。

 

では実際に皆がそういう風に考えたらどうなるでしょうか?

 

当然毎日安定的にアクセスが集まる美味しいロングレンジキーワードにばかり、色んな人のブログ記事が集中することになります。

 

となると、先ほどの虫眼鏡キーワードのように新しいブログがそれで記事を書いてもほとんどアクセスは集まらないわけです。

 

つまり、ロングレンジキーワードは全ての人にとっての理想的なキーワードなので、ほとんどがライバルだらけのレッドオーシャン状態となっているというわけなんですね。

 

中には、たまたままだライバルに見つかっていないお宝ロングレンジキーワードもありますが、そういった「お宝系キーワード」はかなりレアで短期間に何個も見つかるものではないですし、リサーチの時間対効果を考えると全くお宝ではないのです(笑)

 

 

そこで、じゃあどうしたらいいのかという時に登場するのが、ショートレンジキーワードです。

 

そもそもショートレンジキーワードになぜそこまで爆発力があるのかというと、短期間だけ大衆の意識が一点に集まる突発的なキーワードだからです。

 

例えば、一番分かりやすい例が芸能人の不倫報道ですね。

 

特に有名なのがタレントのベッキーさんのゲス不倫事件でしょう。

 

それまでベッキーさんはとにかく明るい好感度キャラでCMやゴールデン番組などに多数出演していて、彼女と不倫を結びつけて考えている人は日本に皆無だったんじゃないと思えるくらいのイメージでした。

 

しかし週刊文春によって彼女の不倫が証拠と共にはっきりと世に出てしまい、「ベッキー 不倫」という新しいキーワードが生まれました。

 

先ほども書いたようにこのニュースは強力な「意外性」があったために、報道直後はかなりの人がこれ関連のキーワードで検索をかけたはずです。

 

実際に、検索需要の推移がわかるグーグルトレンドで見たところ、「ベッキー 不倫」はこんな感じになっています。

 

検索数が2016年1月に極端に集中しています。

 

これはつまり、それまで全くイメージの無かった「ベッキー 不倫」というキーワードに一気に火が付き、その後報道の熱が冷める(大衆が飽きる)と共に検索数が一気に少なくなっていったということです。

 

先ほども書いたように確かにショートレンジの短期トレンドキーワードというのは時間が経てば検索数やアクセスは落ちます。

 

しかし、それまで誰もこの件について記事を書いていないという事に注目すると、初心者の赤ちゃんブログでもめちゃめちゃアクセスが集まるとても美味しいブルーオーシャンキーワードだと言えるわけです。

 

ライバル皆無だという事は、ドメインパワーの弱い赤ちゃんブログでも他の人よりも早く書けば充分上位表示が可能です。

 

実際にこの時に最初にベッキーさんの不倫に関する例えば、川谷さんとのラインの内容とかで記事を書いた人は1日で30万PVほどを集めたと言います。

 

日収10万円ですw

最強ですよね?

 

もちろんこれだけ大きいニュースは年に何回かあるかですが、もうちょっと小規模で僕の例のような1日3万PVくらいのショートレンジは週に何回かのレベルで起こっています。

 

なので、トレンドアフィリエイト初心者のまだアクセスが少ない赤ちゃんブログは、確実にこっちを狙った方が圧倒的に効率的だというわけです!

 

 

トレンドアフィリエイトも含めてビジネスで成功するための超大原則は、

「ライバルが少ないかつ需要の大きい市場=ブルーオーシャンで勝負をする」

です。

 

この大原則にショートレンジキーワードは完璧に当てはまっています。

 

さらに、トレンドが過ぎてアクセスが少なる問題もロングレンジキーワードと合わせることでそのデメリットを解消できます。

 

例えば一つの記事で1日3万PVとかの爆発が起こるとそれ以外の記事の検索順位も軒並み上がっていくんですね。

 

こちらの僕のブログのロングレンジキーワードで書いたとある記事のアクセス推移を見て下さい。

 

11月の前半は最大で600程度のアクセス数だったのが、後半は倍の最大1200くらいのアクセス数に変わっています。

これと先ほどのショートレンジキーワードの爆発記事を比べてみましょう。

 

上のロングレンジキーワードのアクセスが増え始めた期間と、下のショートレンジが爆発した期間がほぼ一緒だという事がわかるでしょうか?

 

つまり、ショートレンジで爆発が起こったことで、ロングレンジキーワードのアクセス数が底上げされたという事なんです。

 

これは完全に検索エンジンの仕様で、ある記事で大量にアクセスを集めたブログはGoogleから優秀なブログだと評価されてそれ以外の記事の検索順位も軒並み上がっていきます。

 

こちらはブログ全体の11月のアクセス推移です。

 

この仕様を利用して爆発を月に複数回起こし、アクセスの底をどんどん上げていきました。

 

つまり、ショートレンジを利用することで、ロングレンジ安定アクセスキーワードの集客力を最速で上げて行くことができるわけです。

 

分かりやすく言うと、例えば1日1万PVの安定アクセスを目標にブログを作った時、ショートレンジの爆発を起こさないでロングレンジキーワードのみで記事を書いたとするとそれを達成するのに1年以上かかるのに対して、

ショートレンジの爆発を利用しながらロングレンジで記事を書くと3か月~半年でそれを達成できてしまう程の差があります。

 

もしくは安定アクセスではなく一度の1万PVや月収10万円で良ければ1,2か月以内に達成可能です。

 

つまり、ショートレンジキーワードの短期トレンドは、長期的なブログ運営においても重要な役割を果たすものだという事なんですね。

 

ショートレンジを制する者がブログを制します。

 

トレンドアフィリエイト初心者こそショートレンジキーワードを!

 

にも関わらず、アクセス数の少ない赤ちゃんブログの頃からロングレンジばかりを入れる「ゴリ押しノウハウ」では何時までたっても、5万円とか10万円以上のまとまったお金は手に入らないでしょう。

 

弱いブログこそ、ライバル皆無のブルーオーシャン市場であるショートレンジキーワードで勝負をするべきです。

 

具体的には検索需要の期間が長いロングやミドルレンジのキーワードも入れつつ、爆発力のあるショートレンジキーワードのネタがあればどんどん書いていきます。

 

初め~3か月くらいはショート7割、ロング&ミドル3割くらいの割合で大丈夫です。

 

また、ショートレンジキーワードの中にはショートのような爆発力がありながら、ロングレンジのような検索需要の長い通称「オールレンジキーワード」(僕が命名w)のようなものもあります。

 

その分爆発力はやや落ちるのですが、これをメインに書きながら1日数万PVのような超ショートレンジを狙っていけば3か月以内の100~150記事くらいで月収10万円は達成できるでしょう。

 

トレンドアフィリエイトは「300記事で月収10万円」という説が流行っていますが、その半分以下の記事数でも充分いけます。

(現在はゴリ押しノウハウだと300記事ではよっぽど運が良くないと10万円は無理だと思います)

 

超非効率の運ゲー&作業ゲーで常に挫折との闘いの中で記事更新をするか、戦略的効率的にアクセスアップと記事更新を楽しみながらやるか、あなたはどちらが良いでしょうか?

 

多分後者ですよね!

 

 

そしてこのショートレンジの記事の書き方について気になると思うので、それは次の記事でしっかりと説明していきたいと思います。

 

まずは今回書いたショートレンジ&ロングレンジキーワードの概念と、ゴリ押しノウハウと効率的爆発狙いノウハウの違いをしっかりと理解しておいて下さい。

 

ショートレンジさえ極めれば、最速で月収10万円の実績を作ることもロングレンジで安定的に稼ぐ方法も極めたに等しい状態になります。

 

ショートを制する者がブログを制すると言っても過言ではないので、是非覚えておいて下さいね!

 

次の記事→トレンドアフィリエイトの爆発速報記事の書き方!

 

役に立った!と思ったら応援クリックお願いします^^

↓↓



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも最も確実・最短で「0→1の壁」を突破し、

現実的に自由を手に入れられる「ネットビジネスのゴールデンコース」…


その全貌を知りたい方は今すぐこちらのプレゼントをとメール講座を受け取ってください!

お金と時間に苦労する日々が確実に終わります。

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント