こんばんは、Yuです。

 

「月収10万円を稼げるトレンドアフィリエイト作業手順」シリーズもいよいよ今回の記事タイトルと本文の書き方講座で最後となります。

 

前回前々回の記事ではトレンドアフィリエイトの「ネタ選定」、「キーワード選定」についてやり方を説明してきました。

 

今回はいよいよ、この2ステップで出したキーワード候補から稼げる&魅力的なタイトルと記事本文を書く方法について解説していきます!

 

 

特にタイトル作成はトレンドアフィリエイトで非常に重要な工程で、ネタ選定~タイトル作成までで結果がほぼ9割方決まると言っても過言ではありません。

 

ただ、記事本文も「ペナルティ対策」という意味では非常に重要な役割を担うので、高品質な記事の書き方の基本を今回で覚えて言ってくださいね!

 

SEO対策の鉄則は「やれることは何でもやる」という事なので、全てを賭けて良い記事を作って行きましょう!

そもそもSEO対策とは?

 

今回はトレンドアフィリエイト初心者の方を対象に記事を書いているので、まず「SEO対策」というアフィリエイト用語について説明したいと思います。

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、要するに書いた記事の検索エンジン上の順位を上げるために行う施策という意味です。

 

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでキーワードを使ってユーザーが検索をかけると、1ページにつき上から10位までタイトルが表示され、さらに2ページ、3ページと続きますが、ほとんどのアクセスは1ページ目の上位3位くらい(上から3つ目)までに集約されてしまいます。

 

なので、自分のブログにアクセスを集めるためには同じキーワードで記事を書いているライバルよりも検索順位を上位に表示させなくてはいけません。

 

これがSEO対策を行う理由です。

 

 

前回の記事でキーワード選定のライバルチェックの部分で、タイトルに含まれているキーワードの数で記事を書くか決めるという事を説明していましたがあれもSEO対策の一つになります。

トレンドアフィリエイトのキーワード選定はこうやる!ツール&ライバルチェック

 

今回はこれ以外に重要なSEO対策の方法を説明していきますので、必ず覚えておきましょう!

 

トレンドアフィリエイトでSEO効果の高い記事タイトル

 

まずは、記事タイトルの作り方です。

 

前回のキーワード選定編でタイトルに使うキーワードの候補を出しましたが、これを組み合わせてSEO効果の高いタイトルを作って行きます。

 

トレンドアフィリエイトのようなスピード重視のノウハウの場合、そのキーワードでの検索順位を決める要因のほとんどがこの記事タイトルになり、記事の本文は順位に大して影響をしません。

 

なので、タイトルをSEOの基本を守って作ることは稼ぐために絶対に不可欠な作業になります。

 

SEO効果の高いタイトルの基本知識は以下のようなものがあります。

 

重要なキーワードは左に寄せる

 

まず一つ目のSEO効果の高いタイトルにおける重要な知識が、

「検索エンジンはキーワードを左から順に重要視していく」

という事です。

 

記事タイトルにいくつかキーワードを含めるべき、というのは前回のキーワード選定でも説明したことですが、それで出したキーワード候補を闇雲な順番でタイトルにするのはよくありません。

 

検索エンジンはタイトル内の左にあるキーワードを最も重要で、記事作成者が順位を上げたいキーワードだなと判断をするので必ず需要の高い(多いアクセス数が見込める)キーワードから左に置いていきます。

 

 

例を出すと「新垣結衣 彼氏 現在」の3つのキーワードでタイトルを作ろうとした時に、「現在」というキーワードが一番左にあるとそのキーワードに最もSEO効果が働いてしまいます。

 

つまり「新垣結衣」というビッグキーワードよりも、現在というあまり意味のないキーワードで上位表示させる力が働いてしまうわけですね。

 

なので「新垣結衣 彼氏 現在」のキーワードで記事を書くならば、メイン・ビッグキーワードである「新垣結衣」をなるべく一番左に持ってくるべきです。

 

それから複合キーワードも上位表示を狙いたいものから左の方に持って来ましょう。

 

「新垣結衣の現在の彼氏は?ドラマ 獣になれない私たちの衣装や髪型は?」

 

というタイトルの場合は「新垣結衣」「現在」「彼氏」がSEO優先度が高く、後半の「ドラマ」「衣装」「髪型」はSEO効果が弱くなるのでライバルがよほど弱くないと上位表示が望めません。

 

どのキーワードを優先度の高いタイトルの左側に持ってくるかを考えるのが、SEO効果の高いタイトルを作るための肝ですね。

 

タイトルの文字数は32字までしか表示されない

 

次にタイトルの文字数です。

 

先ほどタイトルの左にあるものからSEO効果が強くなると書きましたが、それでもなるべく多くのタイトルを記事の中に含めるのはまだまだトレンドアフィリエイトでは有効な戦術となります。

 

実際にどのタイトルで上位表示できるかは分からないので、キーワードを多く含めればその分当たる確率が上がり、またある一つのキーワードで上位表示してアクセスが集まると別のキーワードでも上位表示することが結構あります。

 

しかも新しく需要が高まったライバルが少ないショートレンジ戦略なら、タイトル後半のSEO効果が低いキーワードでもライバルが弱すぎて上位表示することがよくあるので僕はなるべく多く関連キーワードをタイトルに入れていました。

 

 

それでも、やはりいくらでも入れられるわけではなくて、検索エンジン上に表示される文字数制限という物が決まっているんですよね。

 

それが大体32文字とされています。

 

実際に検索エンジンの表示を見てみましょう。

 

 

「新垣結衣 彼氏」の上位3サイトは全てタイトルの後半が「…」と表示されてしまっています。

 

これはつまりそのタイトルの文字数が、表示限界数である32文字を超えているという意味で、超えた分はこの様に省略されてしまうわけです。

 

 

それでも隠れている部分でキーワードが引っかかって上位表示しているものもたまに見るので、文字数が多くなっても悪いわけではないのですが実際に検索したユーザーの目にキーワードが触れないので、関係なサイトだとスルーされてしまう可能性も高くなります。

 

なので、特に狙いたいキーワードは必ず32文字以内かつなるべく前半に持ってくるようにしましょう。

 

またタイトルの文字数も32文字前後くらいにするのがトレンドアフィリエイトでは適切となります。

 

なるべく無駄なキーワードは使わない

 

続いて、キーワード選定で出した候補以外のキーワードを使わないというのもトレンドアフィリエイトのSEO対策では重要です。

 

どういう事かと言うと、先ほどのタイトル

 

「新垣結衣の現在の彼氏は?ドラマ 獣になれない私たちの衣装や髪型は?」

 

に含まれているキーワードは全て虫眼鏡キーワードやgoodkeywordから出した需要があると分かっているもののみです。

詳細:トレンドアフィリエイトのキーワード選定はこうやる!ツール&ライバルチェック

 

 

ですが、トレンドサイトを見ているとたまにキーワード選定と全く関係のないキーワードがタイトル内に入っているものを見かけます。

 

例えば、

「新垣結衣の現在の彼氏は誰だっけ?理想のタイプや好みはどんな人?」

こんな感じです。

 

一見悪くないように見えますが、「新垣結衣  現在 彼氏」以外のキーワードの「誰」「理想のタイプ」「好み」などは特にキーワード選定をした時に候補に上がらないものなので、
こういった無駄なキーワードで限られた文字数を埋めるよりは、他の需要の高いキーワードを入れるほうがSEO的には効果があり、稼げます。

 

もしこれが連想キーワードで、ニュースで隠された情報についてキーワードなら問題ありませんが、何の根拠もなく自分で適当に思いついたキーワードはタイトルには含めるべきではありません。

 

必ずアクセスが集まるキーワードだけでタイトルを作るというのがトレンドブログの記事タイトルの基本です。

 

ユーザーから見て魅力的(自然)に見えるように

 

ここまで3つのタイトルSEO対策の基本を書いてきましたが、これらはあくまでシステム面の有効策だという事も充分に理解しておきましょう。

 

実際にそのタイトルをクリックして記事を開くのは検索をかけたユーザーなので、人間の心理面でも魅力的なタイトルになっていないと上位表示されてもあまり意味がありません。

 

なので、人間の目から見てもクリックしたくなるようなタイトルにする必要があります。

 

 

しかし、トレンドアフィリエイトで作るトレンド記事はあまり明確な情報を求めているユーザーをターゲットにしているわけではないので、そこまで凝ったタイトルにする必要がないのもまた事実です。

 

「新垣結衣 彼氏」で検索する人は往々にして新垣結衣さんで検索をした人がたまたまあった虫眼鏡キーワードをクリックしただけの可能性が高いので、ちゃんとキーワードが含まれた文章になっていれば問題無いという事ですね。

 

ただそれでも「新垣結衣現在彼氏は?ドラマの髪型衣装目撃情報は?」みたいにキーワード詰め込み式のタイトルはどう考えても見栄え悪すぎますしスパムっぽいですよね?

 

なので、ちゃんと「の」や「は」などの助詞や「!」「?」の記号も使ってタイトルを作り上げる方が良いです。

 

 

「新垣結衣の現在の彼氏は?ドラマ 獣になれない私たちの衣装や髪型は?」

 

このタイトルはキーワードと助詞や記号のバランスがいいので、こんな感じでやると良いと思います!

 

タイトルについては以上です。続いて本文の書き方を書いていきますね。

 

トレンドアフィリエイトで記事本文の書き方

 

トレンドアフィリエイトにおける記事本文は正直言うとそこまでアクセスを稼ぐうえで重要な部分ではありません。

 

特にスピード勝負の速報記事などは、30分程度で書いた1000文字くらい(引用文含む)でも普通に上位表示されて爆発を何度もしています。

「新垣結衣の現在の彼氏は?ドラマ 獣になれない私たちの衣装や髪型は?」

 

一応トレンドブログにも文字数や滞在時間などの概念はありますが、やはりトレンドキーワードの選定が命という事ですね。

 

 

それでもあまりにも低品質な記事内容で更新し続けると、Googleからペナルティを受けてサイト順位が大幅に下がってしまう可能性があるので、稼ぐためというよりかはこのペナルティを受けないために記事を書くという感覚になります。

 

一応僕が月収10万円を達成するまでに意識していた記事の書き方があるのでそれを書いていきたいと思います。

 

トレンドブログの記事の書き方の基本

 

まずトレンドアフィリエイトで作るトレンドブログの記事の書き方の基本ですが、

「ネット上の情報+自分の感想」というテンプレートで僕はずっと記事を書いていました。

 

基本的に「○○の彼氏」などのキーワードに対する答えは、検索エンジンやSNSなどのネット上のみで情報を集めて書いても問題はないのですが、その情報だけ羅列すると他のブログと全く同じようなコピーコンテンツが出来上がってしまいます。

 

検索エンジンを統括しているGoogleはこのコピーコンテンツを特に嫌っていて、完璧なコピペではないリライトした文章でもペナルティの対象になるので注意が必要です。

 

このペナルティを受けないために重要なのが、情報以外の部分で出すオリジナリティです。

 

それを、自分の「考察や感想」の部分で補っていきます。

 

 

ただの情報の羅列だとコピーコンテンツになるばかりか、エンタメ性のないつまらないブログになって読者からの評価も下がります。

 

なので、記事を読んでくれている人が「なるほど」と思ってくれるような考察を混ぜたり、情報が知りたいというよりその情報に対する他の人の感想を聞きたいという目的で検索をする人も多いので、そういう人のために感想を書いてあげるとコンテンツの質もどんどん上がっていきますね。

 

読者からの評価=Googleの評価と同義なので、単なる情報ブログではなく、呼んでいて楽しいエンタメブログを目指すとペナルティを受ける可能性は低くなります。

 

「ネット上の情報+自分の感想」というスタイルをテンプレートにして記事を書いていきましょう!

 

トレンドブログの文字数は?

 

まず多くの人が気になるのが、どのくらいの文字数を書けばいいのか?という事です。

 

僕が実際に実践してみて掴んだ感覚によると

・速報系は1000~1500文字程度

・未来予測系は2000文字前後

くらいがベストかなと思いました。

 

 

先ほども書いたように速報系は全く新しく生まれたキーワードで、それまでに誰も書いていないようなものを狙うので文字数よりは断然スピードです。

 

ほとんど内容がない本文でもタイトルにそのキーワードを含んでいるだけで上位表示されたりするので、ちゃんと情報が入っていれば文字数は気にしなくていいと思ってもらって大丈夫です。

 

ですが、アドセンスの規約に「価値のないコンテンツ」は良くないと書かれているので、必ず1000文字以上は書いておきたいところですね。

あまりにも文字数が少なすぎると低品質なコンテンツとしてペナルティをもらうリスクがあるので。

 

まぁ普通にさっきから書いている「情報+感想・考察」のテンプレートで記事を書けば最低でも1000文字は余裕で行くのでそこまで問題は無いと思います。

 

 

未来予測記事の方は、速報系よりもライバル数が多くなりがちな上に長期間検索されるロングテール要素も含まれているので、2000文字以上のちゃんとしたコンテンツ記事で仕上げるとアクセスが安定します。

トレンドアフィリエイト未来予測記事の書き方!オールレンジ戦略とは?

 

そもそも文字数を多くすると何が良いのかというと、SEO対策の一要素である「ページ滞在時間」で優位に働くからです。

 

ページ滞在時間はその記事を読んだ人が何分で、ブログから離脱したのかを表す時間でこれが多いほどGoogleから良いブログだと評価されます。

 

なので、文字数が多い方が滞在時間を稼げて有利だという事ですね。

 

 

速報系のように3日くらいでアクセス需要が落ちるようなキーワードはあまり関係がないのですが、ロングテールのような長期間検索されるキーワードは1か月とかの単位でページ滞在時間の平均が検索順位に影響されるようです。

 

なので、どのくらいの検索需要があるキーワードを狙うかによって最低文字数を調整するのが賢い戦略ですね。

 

本文中や見出しにもキーワード含んでいこう!

 

もう一つSEO効果のある記事の書き方で重要な要素で、狙いたいキーワードを記事の本文中や見出し(H2やH3など)にもしっかりと入れていくことも必要になります。

 

基本的には検索順位を決めるのはタイトルのキーワードなのですが、ライバルと全く同じキーワードでタイトルを作った場合は、後は本文中のキーワードの出現頻度などで順位を決めるしかないと考えるのが普通ですよね?

 

なので、「新垣結衣 彼氏 現在」のキーワードを狙うとしたら、本文中や見出しに複数回

新垣結衣さんの現在の彼氏は・・・

みたいな文章を書いていくとSEO効果が高まります。

 

 

まぁ普通にそのキーワードへの疑問についての答えや感想を書こうと思えば何度もキーワードが出てくるのが自然なので、無理やり書く必要はありませんが、ある程度意識して書くと良いって感じですかね。

 

特にH2やH3などの見出しはタイトルの次に重要な要素なので、

 

新垣結衣の現在の彼氏は?

 

↑↑みたいに必ずキーワードを含んだ見出しを毎回設定して、その下にその見出し内のキーワードについての記事を書いていくようにしましょう。

 

GoogleへのSEO効果にもなりますし、読者から見た見栄えも良くなるのでやって損はないというか、絶対に設定すべき項目ですね。

 

あと全体的にな記事本文のレイアウトは他のブログを真似してしまっても全然大丈夫です。

 

内容をコピーするのはNGですが、見出しの位置などは参考にして問題無いので、パクれる部分はパクるというのも重要な要素になります!

 

まとめ

 

以上、トレンドアフィリエイトのSRO効果の高いタイトルと記事本文の書き方についてでした!

 

最も作業時間が長い要素なので、重要度はそこまで高くないもののしっかりと作業工程は確認しておくべきだと思います!

 

特に低品質な記事はペナルティのリスクがあるので、収益に直結しなくても文字数などは気を使った方が良いですね。

 

今はそこまでトレンドアフィリエイトに対するペナルティは多くはないですが、それでも読者から見た最低限の品質という事で、先ほど伝えた文字数はきっりと守っていきましょう!

 

 

ここまでで、トレンドアフィリエイトの作業手順「ネタ探し→キーワード選定→記事執筆」は全て解説したことになります。

 

後はブログとアドセンスさえ用意すればいくらでも無限に稼ぐ事が出来るので、是非頑張っていきましょう!

 

ここまでノーリスクで簡単に稼げるのはトレンドアフィリエイト×アドセンスくらいなので、後はコツを掴むだけですね!

 

こちらで解説している、僕が月収10万円を稼ぐのに最も効率的だと判断したショートレンジ戦略も参考にすれば最短2,3か月で実績を作りだせると思います!

2018年にトレンドアフィリエイトで稼ぐための必勝戦略とは?

 

役に立った!と思ったら応援クリックお願いします^^

↓↓



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも最も確実・最短で「0→1の壁」を突破し、

現実的に自由を手に入れられる「ネットビジネスのゴールデンコース」…


その全貌を知りたい方は今すぐこちらのプレゼントをとメール講座を受け取ってください!

お金と時間に苦労する日々が確実に終わります。

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント