トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトのキーワード選定はこうやる!ツール&ライバルチェック

こんばんは。

今回は前回の記事に引き続き、トレンドアフィリエイトの作業手順とやり方を解説していきます。

前回は最も重要なネタ選定についてのお話でしたが、今回はその次に重要な「キーワード選定」についてです。

トレンドアフィリエイトの作業手順である「ネタ探し→キーワード選定→記事執筆」の2ステップ目となるこのキーワード選定は、トレンドアフィリエイトの醍醐味ともいえる部分なので必ずマスターしてもらいたいと思います!

そもそも何故キーワード選定が必要なのか?

ではまず何故トレンドアフィリエイトでキーワード選定をしなくてはならないのかという前提部分のお話ですが、その理由はずばり「ライバルの数との相関関係」になります。

例えばある芸能人の方が何らかの不祥事やスキャンダルを起したとすると、その人の名前の検索数が急増することになりますが、当然他の多くのブログもその人の名前をキーワードにして記事に書くことになります。

また、その人が有名人だった場合は、当然既にその人の名前で記事を書いているブログがたくさんあるはずなので、同じキーワードを狙うライバルが非常にたくさんいる状態になるわけです。

いくら検索需要の急上昇(トレンド)を狙うトレンドアフィリエイトでも、そのキーワードで上位表示できなければアクセスは全くと言って良いほど集まりません。

なので、必ず「芸能人の名前」+「なんらかの関連キーワード」という組み合わせで記事を書く必要があるわけです。

この時に、メインとなる人物名のキーワードをビッグキーワード、それに付随する関連ワードをスモールキーワードと言ったりするので覚えておきましょう。

例を挙げると、少し前ですが特に大きな芸能界のスキャンダルにベッキーさんの不倫騒動があります。

これについて「ベッキー」というキーワードだけを狙っても上位表示は絶対に無理ですが、

ベッキー 不倫相手」や「ベッキー LINEの内容」などのビッグキーワードとスモールキーワードの組み合わせなら十分上位が狙えます。

赤文字がビッグキーワード青文字がスモールキーワード

そして2語のキーワードで上位表示をしてアクセスを集めるとさらに1語の「ベッキー」というビッグキーワードでも次第に1ページ目の上位に来るようになります。

僕も月収10万円を達成した時には複数名の「芸能人の名前」単体のキーワードで上位表示に成功していました。

なので、アクセスが最も集まるビッグキーワードで上位を取るために、まずは2語以上のスモールキーワードで攻めることが重要な戦略になるわけですね。

このトレンドアフィリエイトのそれぞれキーワードの役割についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

2018年にトレンドアフィリエイトで稼ぐための必勝戦略とは?

トレンドアフィリエイト初心者はキーワード選定にツールを使おう!

ではこのトレンドアフィリエイトのキーワード選定はどのようにやったらよいのでしょうか?

2つやり方があって、一つ目がツールを使って関連キーワードを探す方法と、もう一つがネタの中から自分で関連キーワードを考える「連想ワード」というやり方です。

まずツールを使うやり方についてですが、ネット上には様々なキーワードツールという物があって一つのキーワードを打ち込むとそれの関連キーワードを自動的に出してくれる便利なものです。

いくつか紹介していきますね。

ツールを使ったキーワード選定のやり方

まず一つ目の関連キーワード選定ツールがYahoo!の虫眼鏡キーワードです。

どちらも検索エンジン上で表示される関連キーワードで、例えばYahoo!で「新垣結衣」と検索すると以下のような関連キーワードを自動的に表示してくれます。

これは新垣結衣さんの名前で検索したすべての人が目にするものかつ、それまでに多くの人が実際に「新垣結衣」と一緒に検索した関連キーワードを表示してくれているので、メインキーワードからずらすのには非常に使えるツールとなりますね。

このうち一番アクセスが集まるのが、一番左の「新垣結衣 彼氏」というキーワードです。

基本的には左から右にアクセスが少なくなると思ってください。

さらに、この「新垣結衣 彼氏」をクリックすると、もう一つ虫眼鏡キーワードが出る時があります。

この場合は「新垣結衣 彼氏」+現在、歴代、山下ですね。

こういう時はさらにチャンスで、例え「新垣結衣 彼氏」の2語でライバル数が多かったとしてももう一階層下の3語キーワードならライバルが少ない場合があります。

それで記事を書けば「3語→2語→1語」と順々に上位表示していく可能性が高くなります。

もう一つが「goodkeyword」という関連キーワード検索ツールです。

こちらはYahoo!の他の検索エンジンであるGoogleとbingでの2つの検索エンジン上での関連キーワードを教えてくれます。

検索エンジンによって検索される関連キーワードが違うので、僕は虫眼鏡キーワードとこのgoodkeywordの両方を見てキーワード選定をしています。

実際に新垣結衣さんで検索してみると、Yahoo!の虫眼鏡キーワードとは若干違う関連キーワードが表示されますね。

右側のBingのキーワードには結構アダルト系のワードが表示され、こういったものはGoogleアドセンスなどでは規約違反となりますので無視でOKです。

YahooとGoogleだけ見ていくようにしましょう。

それとYahooとGoogleの関連キーワードの違いは、Yahooの方が関連キーワードの入れ替わりが激しい特徴があります。

Yahoo!虫眼鏡キーワードは短い期間にアクセスをたくさん集めた者が上位に来やすく、Googleの関連キーワードは長い期間で計測しているようなので安定感があるのはGoogleの方になりますね。

ですが、その分ライバルの数も多いので、トレンドアフィリエイトをする場合は基本的にYahoo!虫眼鏡を重宝していくことになると思います。

以上がツールを使って関連キーワードを調べる方法でした。

ツールを使わないキーワード選定「連想キーワード」のやり方

そしてもう一つのツールを使わないキーワード選定のやり方を説明していきます。

ツールを使ったキーワード選定には一つ大きなデメリットがあって、

それが「誰もがそのキーワードを簡単に調べられる」という点です。

ヤフーで検索したり、goodkeywordで検索するだけで分かってしまうキーワードなので、よほど運が良かったりネタに気付くのが早くないとライバル不在で上位表示することは難しいですよね。

あと、ネタ選定で見つけた「意外性と疑問点があるネタ」との関連性もあまり高くないものばかりになりがちでしょう。

参考記事:トレンドアフィリエイトのネタの探し方!選定方法と元サイトを紹介!

例えば、新垣結衣さんの関連キーワードをもう一度見て欲しいのですが、元ネタが「新垣結衣さんの熱愛系のスキャンダル」だった場合は表示される「彼氏」や「熱愛」などの関連キーワードは有効だと言えます。

ですが、無いとは思いますが仮に「新垣結衣さんが所属事務所とゴタゴタした」といった元ネタだった場合、虫眼鏡に出る彼氏やドラマ、身長という関連キーワードはそのネタを元に生まれたトレンドにはあまり関係が無いという事が分かるでしょうか?

まぁ虫眼鏡1位に表示されている「彼氏」とかはそれでもそれなりに検索されるとは思いますが、本当にそういうニュースで検索されるのはやっぱり「新垣結衣の事務所に関係するキーワード」になります。

なので、過去の関連キーワードだけを表示するツール系関連キーワードだと本当の意味での大爆発は起こしずらくなってしまうわけですね。

なので1日1万PV以上の特大の爆発を1記事で起こしたかったら、やはりツールに頼らないキーワード選定のやり方も必要になります。

それが「連想キーワード」という物です。

その名の通り、元ネタとなるニュース記事を見て、アクセスが集まるキーワードを予測するキーワード選定のやり方ですね。

例えば、ネタ選定で選んだ元ネタが「新垣結衣さんの事務所退所騒動」だった場合は、ツールの関連キーワードだと関連性が薄いので「新垣結衣 事務所退所 理由」などのキーワードを自分で予測して書く必要があります。

これが死ぬほどアクセスが集まるキーワード選定なのですが、その分初心者の方には少しハードルの高い方法になってしまいます。

なので、この連想キーワードを分かりやすく解説するために今回は実例とちょっとしたテクニックを紹介したいと思います。

「連想キーワード」の実例とコツ

まず最近あった連想キーワード爆発ネタに有名アーティストグループのリップスライムの解散騒動がありました。

その騒動の発端となったのが、10月末に出たこちらのYahooニュースです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000346-oric-ent

特に何の前触れもなく、「リップスライムの公式サイトが閉鎖」というこちらの記事が出て、その後トップニュースになり話題になりました。

多分トレンドアフィリエイト初心者の方だと軽く流してしまいがちなニュースですが、結果的にこの連想キーワードを成功させたブログは1日で5万PVほどを集めていました。

そのキーワードは「リップスライム 活動休止理由」です。

連想の流れとしては「公式サイト閉鎖→解散ってこと?→実は活動休止していた→その理由が気になる」という流れです。

公式サイトが閉鎖というだけのニュースだったのですが、良く調べてみると活動休止をしていてしかもその理由がメンバーの一人であるSUさんの不倫だったというかなり意外性と話題性のあるニュースだったわけです。

こういうちょっとした疑問をちゃんと調べてみるとお宝キーワードに巡り合ったりします。

ただ、自分の頭の中だけで考えるのは非常に大変だと思うので、一つ使えるツールとテクニックを紹介します。

それが「Twitter」です。

実はTwitterではニュースサイトよりも早く、ニュースについて話題になっていろいろな情報が出てたりするんですよね。

今回の場合は「リップスライム公式サイトが閉鎖」の記事が出た時点で、Twitter上では活動休止やその原因がSUさんの不倫であることが言及されていました。

それが結構なツイート数だったので、その後それが世間で大きく取り上げられるのは間違いないと予測できたわけですね。

その調べ方も簡単で、Twitterの検索窓で「リップスライム」とかで検索をするとそのキーワードを含んだツイートの一覧が表示されます。

そのツイート数と内容から話題になるかを判断すればある程度爆発は予測可能という事ですね。

連想キーワードのキーワード選定に使えるテクニックなので是非参考にして見て下さい!

トレンドアフィリエイトのライバルチェックのやり方

以上の二つの方法でビッグキーワードと一緒に使う関連キーワードの候補を出したら、最後にライバルチェックをして実際に採用するキーワードを決めます。

このライバルチェックは非常に重要な要素で、まだ自分のブログが弱い場合はどんなに良いキーワードでもライバルがいると上位表示できず全くアクセスが集まらないという結果になります。

なので、実際にそのキーワードで検索をしてライバルがいないか調べる必要があるわけです。

では具体的にライバルチェックのやり方を書いていきたいと思います。

最も分かりやすい指標が「検索をした全てのキーワードがタイトルに含まれているか?」です。

メインキーワード(1語)+関連キーワード(1語~3語)の組み合わせでタイトルを作るべきと最初に書きましたが、稀にその組み合わせで検索すると全てのキーワードがタイトルに含まれていないブログが見つかったりします。

実際に見てみると「新垣結衣 彼氏 現在」という虫眼鏡キーワードの3語キーワードでは上位のタイトルには全て3つのキーワードが含まれています。

それに対して、同じく虫眼鏡キーワードで見つかった「新垣結衣 身長 実際」というキーワードだと2位と4位のタイトルに全てのキーワードが含まれていないのです。(「実際」というワードが無い)

この状態は、現在のSEO(検索エンジンの仕組み)ではライバルが弱く、新しく記事を書いてもこれらのタイトルより上位に表示される可能性が高い状態と言えます。

つまり、「新垣結衣 彼氏 現在」はライバルが強いが「新垣結衣 身長 実際」のライバルは弱いために「記事を書いてOK」だとこのライバルチェックで判定できるわけです!

ただ、検索結果の1ページ目だけでなく2ページ目まで見れば必ずすべてのキーワードが含まれていないタイトルが見つかってしまうので、1ページ目の上位4つまで(4位まで)に全てのキーワードが含まれていないタイトルがあればそのキーワードは「判定〇」と判断して大丈夫です。

基本的には検索結果の順位が4位までしか最初に開いた時に目に入らないためです。

なのでトレンドアフィリエイトのキーワード選定の手順は、

「ツールか連想キーワードで関連キーワードの候補を出す」

「ライバルチェックで検索順位が4位以内に全てのワードが含まれていないキーワードを探す」

という形になります。

これでアクセスがたくさん来て、ライバルが弱いキーワードが分かるので是非参考にしてくださいね!

以上でトレンドアフィリエイトのキーワード選定のやり方の説明は終わりです。

次回は、作業手順の最後である「実際に記事を書く」という事についてタイトルと記事の内容について解説します!

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「トレンドアフィリエイト」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です