トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトのネタの探し方!選定方法と元サイトを紹介!

こんにちは、Yuです。

前回までの記事でトレンドアフィリエイトで初心者の方でも最短かつ確実に月収10万円を達成できる「必勝ショートレンジ戦略」について概要を解説してきました。

作ったばかりの赤ちゃんブログでもライバル不在のブルーオーシャン市場で1日数万PV単位の爆発を起こせるので、「やってみたい」とうずうずしている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにこれから何記事かに分けて、実際のトレンドアフィリエイトの作業手順を説明していきたいと思います!

トレンドアフィリエイトの作業手順は大きく分けて「ネタ探し→キーワード選定→記事執筆」の3ステップで構成されているので、今回は一番重要度の高いネタの探し方について、使えるネタ元サイトを複数紹介しながら具体的な選定方法について解説していきます。

普通に数万円で販売されている情報商材の内容レベルの具体的な作業方法を説明していくので、トレンドアフィリエイトに興味がある方は是非ご覧ください!

トレンドアフィリエイトの作業手順①ネタ探しとは?

もう一度トレンドアフィリエイトの作業手順を確認すると

「ネタ探し→キーワード選定→記事執筆」

の三つになります。

Googleアドセンスなどの広告は記事を書き始める前に設定しておけば基本、ほったらかしで収益化できてしまうので本当に記事を書くことに集中するだけで稼げてしまいます。

アフィリエイト初心者の方には心強いノウハウですよね!

そしてそのトレンドアフィリエイトの作業手順の中でも最も重要度が高いのが今回解説する「ネタ探し」です。

そもそもトレンド記事を書くために選んだネタに注目度や検索需要がなければ、どんなに上手くキーワード選定をして凄い文章力で記事を書いてもアクセスは集まらないですからね。

それぞれのステップの重要度を%で示すと、

ネタ探し:60%

キーワード選定:30%

記事執筆:10%

というのが自分の体感です。

多分多くの人が心配しているであろう「ちゃんと文章が書けるか?」という記事執筆に関する不安は、全体の重要度で言えば10%以下にしかならないんですね。

ぶっちゃけ文章力とか全く必要ないと言っても過言では無くて、実際にトレンドブログを見てもらっても中学生程度の文章力で書かれているものがほとんどだと気付くと思います。

トレンドアフィリエイトは文章スキルで稼ぐものではなく、ネタ探しとキーワード選定のマーケティングで稼ぐものなので記事執筆について全く心配しなくて大丈夫です。

それよりも実際に作業すると「何を書いたらいいのか分からない」という疑問が一番に来ると思うので、今回のネタ探しの方法はトレンドアフィリエイト初心者の方には是非覚えてもらいたい内容となっています。

それではここから僕が「トレンドアフィリエイトのネタ探し」をするときに意識していることを書いていきます。

僕は「ショートレンジ戦略」という、とにかくライバル不在の新しいネタでキーワード選定をして書くスタイルでトレンドアフィリエイトの月収10万円を達成しました。

関連記事:2018年にトレンドアフィリエイトで稼ぐための必勝戦略とは?

実はその中で2種類の記事を書いていました。

速報記事未来予測記事の二つです。

それぞれにネタリサーチの方法が違うので、一つ一つ紹介していきたいと思います。

速報記事のネタの探し方とズラシのコツ

速報記事は、現在リアルタイムで話題になっているネタを扱いそのトレンドにのってアクセスを爆発させる手法です。

参考ページ:トレンドアフィリエイトの爆発速報記事の書き方!

なので、必然的にネタ選定をするサイトもリアルタイム情報を扱っているページになりますね。

特に速報記事用のネタを選ぶときに僕が意識しているのが、

・ニュース記事が出た時間

・意外性や話題性、あらたな疑問のあるネタか?

の二つです。

記事が出た時間というのは、やはり速報記事という名前の通り、そのニュースがニュースサイトに表示されてトレンドが発生してからあまり時間が経っていない物を選ばないといけません。

ある程度時間たってしまうと、アクセスが減るうえに他のライバルトレンドサイトもそのネタについて記事を書いてしまうので上位表示が難しくなります。

という事は早ければ早いほどいいという事で、ものにもよりますが2時間以内に出たばかりのニュースを選んでいます。

できればニュースが出て30分以内に記事を書き始めたいですね。

話題性や意外性は、ただの事実情報のように大衆が「へ~」で終わらないないニュースかどうかという事です。

トレンドサイトはそのニュースネタが元となって検索エンジンで何か検索されないと当然アクセスはやってこないので、それを見た人が次に何かを検索したくなるネタを扱わないと意味がありません。

なので、話題性・意外性・新たな疑問があるか?というのは時間以上に重要な部分です。

アフィリエイト用語で「ズラシ」とも言います。

具体例としては、非常に意外性があるのに情報が少ないニュースで、最近では2018年11月上旬に人気アーティストの「リップスライム」が解散・活動休止するという記事が出ました。

この理由はメンバーの一人であるSUさんの不倫が原因だったようなのですが、記事が出された当初には事務所に気を使ったかその事実が書かれておらず「リップスライム活動休止」の事実情報のみだったんですね。

なので、「リップスライム 解散理由」は記事が出てからかなりの検索需要トレンドが発生して、5万PVとか上位のサイトは1日で集めていたと思います。

こういった、「情報が少ない!」、「もっと欲しい!」と大衆が思うようなネタを探せればベストです!

最初はとても難しいと感じると思いますが、数をこなして当たるものと当たらないものを経験していくうちに分かってくるので、それまでは根気でやっていくしかないですね。

逆に言えば、このスキルさえ身に付けてしまえばトレンドアフィリエイトで10万円でも30万円でも稼げるようになるので、これだけはという気持ちで練習してみると良いと思います!

一番楽なのはこのズラシスキルを既に身に付けている実績者から直接指導を受けてしまう事ですね。

月収10万円以上を稼いでいる人は、既に何度も爆発を経験して具体例や必勝パターンが体に染み付いているということです。

なのでそれさえ教えてもらえれば最短で1日1万PVなどのアクセスの爆発を起こせるようになるのは間違いないでしょう。

速報記事のネタ選定サイト

続いて速報記事を書く時に僕が使っているネタ元サイトを紹介していきます。

①ヤフーニュース

まずやはり一番オーソドックスでおすすめなのが、ヤフーニュースサイトですね。

日本一見られているニュースサイトなので、ここに乗ったものが爆発すると言っても過言ではありません。

実はヤフーニュースには色々な項目があって、初心者の方は迷うと思うので僕が見ているページを教えます。

まずヤフーニュースを開くと上部に横に項目が並んでいる2列のメニューが目に入ると思います。

1列目の青くなっているメニューはそのニュースの出典や形式を示していて、

2列目の白地のメニューはニュースのジャンルを意味しています。

まず、1列目の1番左にある「トップ」というのはYahoo!ホームページのニュース蘭に表示されているもので、ここはとにかく大勢の人の目に触れますので必ず押さえます。

自分は特にエンタメジャンルと国内、主要の三項目のトップニュースが良く当たるので見ていますね。

ただ、このトップニュースになる記事というのは、一旦Yahoo!ニュース無いので速報蘭などに表示されて編集の方がアクセスの推移を見てトップに表示するに値する物だけを表示させているようなので、若干トップニュースに出るころには記事を書くのが遅くなっている可能性もあります。

なので、一番ベストなのはニュースサイトの内部ページです。

特に上の画像で1列目に赤枠を付けた「速報」「雑誌」「ランキング」がおすすめです。

「速報」はその名の通り、全ジャンルのニュース記事が新着順で表示されます。

ここからリサーチをするときは2時間前くらいまで遡って良く見ていました。

あとは「雑誌」の項目もかなり使えます。

基本的に最近話題になるニュースやスキャンダルは週刊文春などの「週刊誌」が最初に報じて火が付くものが非常に多いので、それらの新着記事が表示されるこの項目はさらに爆発確率が高い記事が厳選されて載っている可能性が高いです。

同様の理由で、各週刊誌のホームページなども使えますね。

ヤフーニュースに乗る前に「○○不倫!」や「○○パワハラ!」などの良いネタの新着記事が乗るのでブックマークしておきましょう。

最後に「ランキング」は、ヤフーニュース内のアクセスランキングです。

その名の通り、一番見られている順にニュース記事が表示されるので、それがそのまま話題性の指標になります。

②Yahoo!急上昇&リアルタイムキーワード

続いてもYahoo!ページ内のサービスで、現在Yahoo!やTwitterで注目を集めているキーワードの組み合わせを知ることができるのが急上昇キーワードリアルタイムキーワードです。

見方はまず、Yahoo!トップページから検索欄に何も打ち込まずに「検索」ボタンを押します。

するとこのようなページが表示されます。

これが今Yahoo!検索エンジン上で検索数が急上昇しているキーワードの組み合わせです。

「ということはこのキーワードを使ってそのまま書けばいいじゃないか?」と思われるかもしれませんが、このキーワードの組み合わせは何故かヤフーニュース内の記事のタイトルの中に含まれているものばかりなので、これを狙っても上位はまず取れないでしょうね。

ただ、どんなニュースが注目されているのかは分かるので、ここからズラシて記事を書けばOKです!

もう一つの「リアルタイム」はここからさらに上の項目の「リアルタイム」というボタンを押します。

するとこのようなキーワード群が表示されますが、これはTwitterで話題になっているトレンドワードです。

ほとんどが使えないキーワードですが、たまにパワハラをしたスポーツコーチの名前なんかが乗ったりするので侮れないんですよね。

チラチラ見ておくのも良いと思います。

③Googleトレンド

GoogleトレンドはGoogle検索エンジンで検索数の増加具合を知ることができるサイトです。

Googleトレンド

トップページの下の方にある最近の急上昇からネタを拾っても良いですし、左上のメニューを開いて「急上昇ワード」をクリックすると本当に現時点のリアルタイムでトレンドが出ているキーワードが分かります。

さらに「リアルタイムの検索トレンド」をクリックしましょう。

すると上の画像のように、検索需要の変化が折れ線グラフで分かってしまいます。

これからトレンドが出たばかりで右肩上がりになっているものを選べば、どんなネタがリアルタイムで話題になっているのか一目瞭然ですね!

④その他、参考サイト

その他にも参考になるサイトがあるのでまとめて紹介します。

ライブドアニュース

産経ニュース

2chまとめのまとめ

それぞれコアなニュースを扱っているサイトです。

ヤフーニュースがメインになるのは間違いないですが、知れ渡り過ぎているためライバルが多いと感じたらこういうサイトからネタを探すのも良いですね!

速報系の基本はこういったニュースサイトを見て、意外性・話題性・新たな疑問がありかつまだ時間が経っていないネタを選ぶ流れです。

その後、次回の記事で紹介するキーワード選定を行って記事を書きます。

未来予測記事のネタの探し方

続いて未来予測記事は今よりも先の未来でトレンドが発生すると確実に思えるものからネタを選ぶ手法です。

花火大会、お花見、紅葉など季節イベントや展示会、映画、音楽ライブなどの期間限定イベントが当てはまりますね。

未来予測記事の基本とネタ選定の仕方はこちらのページで詳しく解説しているので、こちらではネタ元サイトをまとめて紹介しておきます。

トレンドアフィリエイト未来予測記事の書き方!オールレンジ戦略とは?

季節イベントネタ元サイト

全国レジャー施設ガイド

全国イベントガイド

ウォーカープラス

ローソンチケット

イープラス

音楽ライブネタ元サイト

ライブイベント情報

ディスクガレージ

ナタリー

映画、テレビ番組系ネタ元サイト

Yahoo!映画

Yahoo!テレビ

以上が未来予測記事でよく使うネタ元サイトの一覧ですね。

この中から、確実に未来でトレンドが発生するネタを選んで、次回に解説するキーワード選定でねらい目のキーワードを選んで記事を書きます。

まとめ

今回は、トレンドアフィリエイト作業手順解説第一弾として「記事ネタ探し」の方法を解説しました!

本当にここが一番重要で、ネタ選びをミスるとそれから先の全ての作業が無駄になるとも言えるので、何度もトライ&エラーを繰り返して必勝パターンを身に付けていくしかありません。

先ほども書いたのですが、既にネタ選びをマスターしている成功者から習うと試行錯誤の時間を省略して、挫折する確率を減らせるので早く成功したい方はそういう手を使うのもアリかなと思います。

次回はトレンドアフィリエイト作業手順②「キーワード選定」について解説しますね!

次の記事→トレンドアフィリエイトのキーワード選定はこうやる!ツール&ライバルチェック

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「トレンドアフィリエイト」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です