セールススキル

OATHの法則でターゲットの需要を知ろう!

どうも、Yuです。

今回は市場内のターゲット需要毎の段階を示した

「OATHの法則」について解説します。

こちらの法則で、

人間が商品に興味を持つプロセスが分かります。

OATHの法則とは?

OATHの法則とは、

市場内にいる見込み客の

商品に対する興味段階を示した法則です。

一つの市場内の見込み客は

以下の4つの段階に分別されます。

・O(Oblivious): 無知

・A(Apathetic): 無関心

・T(Thinking):考えている

・H(Hurting):今すぐ解決したい

この4つの頭文字をとってOATHの法則と言われています。

まずOの段階にいる人は

自分が抱えている悩みに気付いていない状態です。

現状のままでどんなリスクがあるのか、

どんなデメリットがあるのかを理解していないので

この段階にいる人に商品を売るのはかなり至難です。

次にAにいる段階の人、

彼らは問題は認識しているが

それを解決しようとしていない人になります。

問題のリスクを特別重要視ししていないということです。

なので、そのリスク教育をしっかりすれば

商品が売れる可能性が高くなります。

さらに次のTの段階にいる人、

彼らは問題のリスク・デメリットを

認識して、その解決方法を考えています。

なので、商品の有用性やメリットについて

しっかりと教育すればかなり購入してくれる確率は高くなります。

最後にHの段階にいる人ですが、

彼らは悩みに対する緊急性を感じています。

つまり、今すぐ解決しないと

何らかの大きなデメリットが発生する状態です。

この段階にいる人には

ほとんど教育パートは要りません。

その問題を解決できるであろう商品さえあれば

自然に購入という行動をとってくれます。

OATHは教育の手順

以上がOATHの法則が表す

見込み客の商品に対する興味の段階です。

当然、下に行くにつれ

商品を購入してくれる可能性が高くなります。

セールスページやステップメールで

教育する時は、

この全ての人を包括するように作ると良いです。

つまりまず現状維持の問題自体を把握してもらい、

それで生じるリスクを教育し、

自分の商品がそれを解決できることを伝える。

最後に商品購入の行動を起こしてもらう。

ということです。

OATHはそのまま売れる教育パートの

手順を表しています。

これを使って、成約率の高い

セールスレターを書くことが出来るわけです。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「セールススキル」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です