自動化マーケティング

教育メールの書き方

どうも、Yuです。

今回はDRM戦略で最も重要なパートである

「教育メールの書き方」について解説していきます。

成約率を上げるために必要になるメルマガコンテンツです。

教育メールとは?

教育メールとは、DRMのパートの一つである

教育パートのために書くメルマガの事です。

無料プレゼントなどを使い

自分のメルマガに登録して持ったら、

この教育メールを使って販売する商品の必要性を説いていきます。

教育メールを書くためのコツは

縦長のセールスレターを

複数のメールに分割するイメージで書くことです。

売れるセールスレターには、

・商品が必要になる背景(悩みの具体化)

・商品が導く未来(理想の未来)

・目的を達成するための手順

・投資意識の重要性

等がしっかりと書かれています。

教育メールはこれらの要素を

複数のメールに分けて日にちを変えながら送っていくのです。

そうした方が縦長レターを読むよりも

精読率が高くなりますし、

毎日メールを送ることで親近感を持ってもらえます。

もちろん、それぞれのメールで

無料コンテンツなどの価値提供をすることも忘れません。

そして最終的に信頼残高を貯めて

購買意欲が高まった状態で

セールスレターに誘導することが出来るわけです。

メルマガの大きな役割は、

無料コンテンツへの欲求と

セールスレターの間をつなぐことにあります。

この毎日送る教育メールを使って

読者の商品への欲求を最大化していくわけです。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「自動化マーケティング」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です