アフィリエイト

アフィリエイトブログとは?【第3講】成功例・参考見本サイト紹介!

TSU92_shizukugaturanarumilk-thumb-815xauto-18081

こんにちは、Yuです。

アフィリエイトブログ講座第3講は実際に成功しているアフィリエイトサイトを見ていきます。

参考になりそうな見本サイトを見ていくことで、

何となくのイメージを掴んでいきましょう!

アフィリエイトブログとは?【第1講】仕組み・内容編 

アフィリエイトブログとは?【第2講】収入と月収編

アフィリエイトブログとは?【第3講】成功例・見本サイト編 ←今ココ

アフィリエイトブログとは?【第4講】問題・デメリット編

アフィリエイトブログの成功例について

まず、どの程度でアフィリエイトブログの成功例と言えるのでしょうか?

もちろん収益が発生したらなのですが、

作る際の手法によって成功と言える額が変わってきます。

大きく分けると、

アドセンス系のブログ

サイトアフィリエイト系のブログ

情報発信系のブログ

などですね。

それぞれ難易度や特徴が違ってきます。

今回は、アフィリエイト業界の中の種類についても解説していきます。

アフィリエイトブログの見本例① アドセンス

アドセンスブログとは、

Googleが発行するアドセンス広告を表示して収益につなげるサイトです。

見本サイト↓

http://nekotopi.com/

http://wakuwakutrend.com/

芸能関係や日常の悩みなど、

多くの人が関心をもつジャンルを扱って

ひたすらアクセスを集めていきます。

アドセンス広告は、設定すれば勝手にブログに表示されるのでブログ訪問者の100人に一人くらいがそれをクリックしてくれます。

すると、その広告を表示させているブログの持ち主に報酬が支払われます。

ただ、気になる情報に関する記事を書いてアクセスを集めるだけでお金が稼げる何度の低さが初心者に人気となっている理由です。

しかし、その広告単価は他のアフィリエイトに比べても圧倒的に低く、

相当なアクセスを呼び込まなければ稼ぐことは難しいでしょう。

さらにアクセスを集めたところで、

ある程度稼げる額は決まってきます。

だいたい月収10万円から30万円くらいの間ですね。

アドセンスで100万円を稼げた人がいた場合、

僕は時間の無駄だなと思います。

同じ時間を情報発信やサイトアフィリエイトに使った場合、その何十倍も稼げるからです。

さらにアドセンスは資産になりにくいジャンルを扱います。

非常に参入者の多い一般に人気のジャンルです。

例え何百記事書いたとしても、放置すればいつかはアクセスが無くなってしまいますね。

自由を掴むという点では、有効とは言えない手段です。

アフィリエイトブログの参考例② サイトアフィリエイト

こちらは、ガッツリ商品を売っていくタイプのサイトです。

化粧品、中古車の無料査定、ウォーターサーバーの販売など。

自分のブログから売られた数だけ、報酬が増えていきます。

見本↓

http://creditcard777.com/

http://www.purewater-navi.com/

特定ジャンルの情報を豊富に扱い、この商品についてはここで情報収集すべきだ、と読者に思わせるような記事を書いていきます。

見込み客の現在の段階に合わせて、

ウォーターサーバーと言うもの自体を知りたい人

ウォーターサーバーを買うべきか迷っている人

どのウォーターサーバーを買おうか考えている人

などの見込み客の現在の購入意識レベル別に記事を書いていくのが特徴ですね。

実物の商品を扱うので、

しっかりとしたターゲット選定を行う必要が出てきます。

特に水に関して関心の無い人をサイトに呼んでもあまり意味ありませんよね?

なので、極力無駄な記事は書かないことになります。

ある程度の記事数を書いたら、放置してしまうのが普通ですね。

ただ、この手法も一生安泰かと言えばそうではありません。

検索エンジンのみからの集客で、

狭い範囲のジャンルを扱うという事は

他に強いライバルが出てきた時に太刀打ちできない場合があります。

今までたくさん集客できていたのに、

最近は全然検索順位の後ろの方に行ってしまった・・・。

こういう事をアフィリエイト業界では、

サイトが飛ぶ」と言うのですが。

この飛ぶという事がそこそこ頻繁にあります。

なので、一つのサイトを作ったら、また別のサイトを作る。

といった感じに永遠にリスクヘッジをしていかなくてはいけないのです。

なので、不労資産になるのか?と言えばアドセンスよりはマシですが、はっきりと断言できるレベルは無いですね。

常に労働作業を続けていないといけないからです。

また、ある程度記事を書いたら放置してしまうので、

あまりブログに対して愛着がわかないという点もあります。

これがモチベーション的に問題になったりします。

アフィリエイトブログ参考例③ 情報発信ブログ

この情報発信ブログは、

人によりますが主に情報商材を扱っていくタイプのアフィリエイトです。

具体例は正に当ブログです。

情報商材とは、特定のノウハウや知識を文章・音声などで販売している商品です。

一つ当たりの値段が高く、またアフィリエイト単価も高いです。

参考:情報商材とは?

そして、情報発信ブログとは、その商品にまつわる情報発信するアフィリエイト手法です。

サイトアフィリエイトと違って、

商品ではなく自分と言うものにどんどん出していくのも特徴ですね。

ただ、商品説明に終始するのではなく、

実際にその商品を購入して自分がどうなったのか?

読者にとって、商品を購入した後の未来の生活をアフィリエイターが見せていくのです。

なので、他のブログと違って、日記だけで稼げたりする場合もあります。

この商品を購入して、

これだけ稼げるようになって、

こんな生活を送っています!

みたいに。

まぁ基本的には自分の知識をしっかりとブログで提供してくことが前提ですが、

何にせよ、その商品で得られるメリット全てがあなたが発信する情報になるのです。

ただの個人がブログを更新しているだけで、勝手に商品が売れていく。

読者に、この人から買いたい!

と思われるような価値のある情報を発信していく必要があります。

これを、ビジネスの世界ではブランディングと言います。

商品ではなく、それを販売したり紹介したりする「自分」を売っていく。

実際の企業もやっていますね。

ソフトバンクやアップルなどです。

CMなどを見ると、商品説明よりも「自社」のイメージをどんどん売っていっています。

結果的に、「この商品を」ではなく、「この会社の商品を」と顧客がなるのです。

このブランディングを行うのが、

情報発信ブログです。

単なる商品紹介に終わらず、

自分のライフスタイルを売っていく。

これで成功すると、もう新しい商品を考える必要がなくなります。

自分の生活そのものが、価値のあるコンテンツになるので、

ただ日々の日記を書いているだけで商品が売れます。

日常全てをコンテンツにする。

と言うのが情報発信の永遠の目標ですね。

遊んでいるだけでお金が稼げるのです。

まさに夢みたいですね!

「自分はそんなライフスタイルを送る自信がない」

そんな風に最初は思われるでしょうが、問題はありません。

始めは、「自由になりたい!」という理念や思いだけで十分です。

そんな気持ちをはっきりと表現できる人は、そう多くないですし。

その上で、自由になるための具体的方法をある程度知っていれば、それを知らない人にとっては充分すぎるほどのブランディングになります。

自分より知識の無い人をターゲットにしているので、思いや知識を発信しているだけで効果が出てきて商品が売れます。

ぶっちゃけ、そこまで難易度は高くありません。

理念と知識さえあれば何とかなりますから。

しかし、それが無ければ何一つ売れないのが情報発信です。

理念は問題ありません。

会社が嫌い、就職が嫌だ、自由になりたい。

そんな気持ちがあれば大丈夫。

しかし、知識はやはり自分の力で手に入れていかなくはなりません。

ネットで検索したり、有料の商品を買ったりして、何も知らない人よりも情報的に有利になる必要があります。

知識に投資する。

これが一番重要な根幹になりますね。

自分より知識が無い人を納得させられるような情報を手に入れることを忘れなければ、誰でも夢のようなブログを作ることができます。

アフィリエイトブログとは?【第1講】仕組み・内容編 

アフィリエイトブログとは?【第2講】収入と月収編

アフィリエイトブログとは?【第3講】成功例・見本サイト編 ←今ココ

アフィリエイトブログとは?【第4講】問題・デメリット編 ←次回

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です