セールススキル

1メール1用件の原則

どうも、Yuです。

今回はメルマガライティングに重要な、

「1メール1用件の原則」について解説します。

用件の数を制限することで

読者に正しく理解してもらうことが出来ます。

1メール1用件の原則とは?

1メール1用件の原則とは

一つのメルマガ(メール)には

用件を一つ扱わない、というものです。

読者にたくさん情報提供しようと

複数のテーマを一つのメールで書いてしまうと、

逆に一つも理解してもらえない、なんてことになります。

読者にとってほとんどの知識は未知のものです。

そこで一度にたくさんの情報を与えすぎると

記憶に定着しずらくなります。

その日の目的をはっきりさせる

大切なのは、毎回のメルマガに

目的意識をしっかりと持つことです。

その日のメールは

「何を伝え、理解してもらいたいのか?」

このテーマをはっきりと口にできるようにしましょう。

そうすれば自ずと

用件は一つにまとまっていきます。

結果、読者の方にとって

理解しやすい文章になるのです。

難しく考える必要はありません。

読者の事を考えて

分かりやすいメルマガを書く。

それだけです。

ABOUT ME
ユウ
ユウ
神奈川県鎌倉市出身、海外旅行好き(特に南国リゾート)
世界を飛び回りながら働いて「人生を120%楽しむ」という夢を叶えるために大学時代にWEBビジネスをスタート。24歳にして月収113万円を達成する。

現在は知識0から成功した経験を元に、初心者の方が場所や時間に縛られず働けるWEBビジネスのスキルをマスターするお手伝いをしています。

僕が大学時代に1日2時間ほどの作業で月収20万円以上を稼いだ手法を一から解説したマニュアル教材を無料プレゼント中!

無料メール講座の登録で初心者向け教材をプレゼント!
「セールススキル」の人気記事
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です