どうも、Yuです。

 

今回は公開したYoutube動画の説明欄を

デフォルトで設定する方法について解説していきます。

 

これを使うと、

毎回面倒くさい説明欄の入力作業を

自動化することできます!

 

 

 

 

Youtube説明欄のデフォルト設定とは?

 

説明欄のデフォルト設定とは、

Youtube動画の下に表示される「説明欄」と呼ばれる

動画の補足説明を書く部分に

毎回同じ内容を自動で表示させることが出来る機能です。

 

説明欄には基本的に

チャンネル登録の訴求や

情報発信なら自分のブログやメルマガ登録へのリンクを書きます。

 

しかし、毎回同じものを表示させるのに

動画一本一本書いていたらかなり面倒くさいんですね。

 

そこでこのデフォルト設定を使って、

動画をアップロードした瞬間に

設定したデフォルトの説明文を表示させるようにするのがおすすめです。

 

 

デフォルト設定の使い方

 

やり方はまず「クリエイターツール」を開き、

左のサイドバーの「チャンネル」から

「アップロード動画のデフォルト設定」を開きます。

 

そこの説明欄の部分に、

毎回表示させたい文章やURLリンクを

書くだけでOKです。

 

設定後保存して

動画をアップロードしてみると、

処理中の画面に自動で毎回同じものが表示されるようになります。

 

これを使えば、面倒な説明文入力作業を

省略することが出来ますね!

 

 

こういった時短ツールを使うのが

最速で成功するためには非常に重要になるのです。

 

 

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント