今でこそネットから稼ぐお金だけで生活していけるようになりましたが、

ビジネスを始めた当初、僕はそれについて何の知識もない人間でした。

 

人を集める技術も、うまいコピーを考えるスキルも、

どうやってインターネットからお金を生み出せばいいのかさえ全く分からない状態でした。

 

特に目指す目標もなく、ただ流されるままに生きてきて、

普通の大学生になったのですから当たり前ですね。

 

実用書などのビジネスに関する書籍もほとんど読んだことありませんでしたし、

自己啓発系の物は毛嫌いしていたくらいです。

 

 

友達と遊びながら、お金を稼ぐためにバイトに力を入れる。

そんな普通の大学生でした。

 

 

特にやりたいことも見つからず、夢も無くて、

大学を卒業したら普通に企業に就職して生きていくのだと思っていました。

 

周りの友達や大人たちと同じように。

 

 

 

ただ大学生になった当時、自分自身にいい加減うんざりしていたのは覚えています。

 

誰かに敷かれたレールに従順に乗って大学まで来たけれど、

遊び方が大きく変わるわけでも何かワクワクすることがあるわけでもない。

 

「何かつまらない・・・」

 

そんな風に感じていました。

 

 

そんな折、高校時代の友達が海外留学をしているという話を聞きました。

 

SNSで確認してみるとイギリスで楽しそうにしている写真が挙げられていました。

 

 

それを見た僕は、

「これだ!」 と思いました。

 

この何も起こらないつまらない生活に刺激をもたらすためには海外に行くしかない!

となんとも短絡的な理由で海外留学を決意します。

 

交換留学という単位を海外でも取得できるシステムには成績が到底足り無かったので、

大学を休学して行くことにしました。

 

その留学費を貯めるために、僕はひたすらアルバイトして80万円を稼ぎました。

 

工場で朝から晩まで単純作業を繰り返したり、

レストランでひたすら料理を運び続けたり、

カラオケ店で同じセリフを何度も繰り返したり。

 

一つの一つの職場にまるで囚人のように拘束されて、

1時間に900円しかもらえない。

 

「お金を稼ぐという事はここまで大変なことなのか」と将来に絶望したのを覚えています。

 

そうして大学2年の終わりに無事に留学をすることができました。

 

行先は、学校の授業にテストにバイトバイトバイト・・・で疲れ果てていたので、

バカンスを味わいたいと思い、南国で有名なアメリカの南カリフォルニアに決めました。

 

 

そこで出会った人々に僕は人生を大きく変えられることになります。

 

僕が通っていた語学学校では、世界中の国からいろんな生徒が英語を学びに来ていました。

 

旅行が大好きで月に一度はリゾート地へ行っている、

アフリカのアンゴラ出身のバンカー(銀行員)や、

 

留学中家を借りずに大きめのレンタカーを借りて、

それで寝泊まりしてサーフィン三昧のスイス人の青年など。

 

僕が日本で送っていたつまらない生活とはほど遠いような

自由な人生を生きている人々とたくさん友達になりました。

 

 

ただ「彼らの仕事は大丈夫なんだろうか」という疑問が湧いてきたので、

聞いてみると・・・

 

 

日本の激務のように忙しい銀行員とはイメージが大違いなアンゴラの彼曰く、

「年に一度、一か月くらいの休暇があるのは当たり前だし、

こうやって留学すれば1年近く遊べるんだ」だそうです。

 

スイスの彼は医療系に勤務しているのですが、ちょくちょくいろんな国のサーフスポットで

車暮らしをしているそうです・・・

 

 

日本ではバイトでさえ、休みなんか取れずに囚人のような生活をしているのに、

海外ではちゃんとした職についていてもこんな自由なライフスタイルなのか!

 

僕は衝撃を受けました・・・

 

しかもそれが少数ではないのです。

 

ヨーロッパ、南アメリカ、ロシアなどたくさんの生徒の話を聞きましたが、

そのほとんどの人がおよそ日本の労働の常識からかけ離れた生活をしていました。

 

 

この瞬間僕の中での「大学→就職→社畜」の神話思想は一気に崩れ去りました。

 

自分の意志で休みも取れず、満員電車の中苦痛に揺られながら

仕事をして、残業をして。

 

また次の朝早く起きる・・・

 

こんな生活をすることが立派な社会人になることだと教わってきたけれど、

仕事もして、休暇も取って自分のキャリアに使ったりバカンスを楽しんだりしている

彼らの方がよっぽど立派な大人に見えたのです。

 

 

「なぜ自分の体と時間を売って生きなければならないのか?」

 

そんな疑問が僕の中で湧いてきます。

 

 

 

世界的に見ても便利でとても豊かだと言われている日本に住む僕たちは

果たして本当に幸せなのか?

 

この留学を通してこんな疑問を持ち、

自分の人生・生き方そのものを変えたいと、僕は強く思うようになりました。

 

第二章(労働者はもういらない)に続く



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント