どうも、Yuです。

 

今回はネット上に存在する

3つのコンテンツの種類を紹介します。

 

それぞれの違いを理解しながら

コンテンツを作っていきましょう。

 

 

 

 

ネット上のコンテンツ3種類

 

インターネット上で商品を成約させるには

3種類のコンテンツが必要になります。

 

・集客コンテンツ

 

・教育コンテンツ

 

・セールスコンテンツ

 

です。

 

 

集客コンテンツとは、

文字通り見込み客を自分の媒体に

集めるためのコンテンツです。

 

メルマガで言えば、登録特典で渡すプレゼント。

 

ブログで言えば、

キーワード選定(SEO)を意識したブログ記事が

それにあたります。

 

商品を成約させるためではなく

メディア上に人を集めることが目的なので

ある程度の量産が必要になります。

 

 

教育コンテンツとは、

集客した見込み客に対して

自分のブランディングを作り、

また商品の必要性を説くためのコンテンツです。

 

自分はなぜビジネスをしているのか?

といった理念について。

 

さらに現状維持のままでいるリスクや、

理想の未来の存在、投資意識の教育を主にします。

 

教育コンテンツは一つのコンテンツだけで

終わらせるものではありません。

 

数日間の継続的な教育が必要なので、

「メルマガ」が最も優れているメディアと言えます。

 

 

セールスコンテンツは

実際に商品を紹介するためのコンテンツです。

 

アフィリエイト商品について

口コミや実際の感想を交えて作るレビュー記事や、

縦長のセールスレターがこれに該当します。

 

実際に「購入」という大きな行動を

訴求するためのコンテンツなので

セールスに関する知識やテクニックを総動員して作ります。

 

 

 

それぞれの性質を理解する

 

大切なのはそれぞれの

コンテンツの性質を理解して

バランスよく作成していくことです。

 

例えばすぐにお金が欲しいからと言って

セールスコンテンツばかりを量産しても

読者にとっては「売り込みばかり」としか思われません。

 

そもそも集客が出来ていないので

それを見てもらうことすらできません。

 

 

なのでまずは集客コンテンツを量産し、

そこに教育コンテンツを混ぜていくことが必要になります。

 

それが上手くいっていると、

必ず読者の方から反応が返ってくるので、

それからセールスコンテンツを作る

という手順で問題ないのです。

 

 

重要なのは、

成約率を上げるためには

どんなコンテンツがどれくらい必要なのか?

これを理解することなのです。

 

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント