こんにちは、Yuです。

 

最近作業していて思ったことがあるので書きます。

向上心もあって、モチベーションもあって、行動力もある人なのに上手くいかない人がいます。

 

それだけのものがあったら絶対に上手くいきそうなのに、成功できない。

何故なんだろう?

 

 

 

成功確率なんてものは無い

 

理由がわかりました。

 

それは、「成功したいという欲求が強すぎるあまりに、成功する確率が高いことだけをやっている」からです。

 

 

これってちょっと世の奇妙な所だと思います。

 

成功確率が高いことやったら成功するじゃん。

 

普通そう思いますよね。

文字通りとはこのことです。

 

 

ですが、成功確率ってまず何でしょう?

 

成功する確率。

 

この上手くいく確率をなんで予想できるのか?

ここに違和感があります。

 

それをやって上手くいくかどうかなんて誰にも分らないはずです。

「やってみないと分からない」

 

当たり前ですね。

 

 

なのに、僕自身も

これだったら上手くいきそう!

と思う事があります。

 

やってみないと分からないのに、やる前からこれなら大丈夫だろ!

と思ってしまうことが結構あります。

 

 

何故でしょう?

 

考えたのですが、これは成功確率と自分の好みをはき違えているだけなのです。

 

そのやり方は自分に合っている。

そんな感じの環境があれば、なんでも上手くいきそう。

 

この、何だか自分に合っていそうという「勘」が成功確率が高い、の正体なのだと考えました。

 

 

しかし、それまで成果が出ていない人の勘ってあてになりますか?

 

実力不足というか経験不足ですよね?

 

という事は、今までの自分の人生の中の経験則で判断しているのです。

無意識的に。

 

てことはてことは、その勘が大いに間違っている可能性があります。

 

なぜなら、それはその分野の経験から来ている勘ではないから。

 

 

当然ですね。

野球が上手くなる練習の仕方を今まで上手くいった勉強の感覚で考えても、多分正解ではありません。

 

ちょっとは抽象部分で使える事ももちろんあると思いますが。

結局、野球と勉強は全く別物なのです。

 

いや、別物の要素が多くを占めている、と言えますね。

 

 

何が言いたいのかと言うと、

その分野で結果を出していない人が

成功確率の高いものを見分けるのは不可能だって事です。

 

ここが大きなポイントです。

 

 

成功確率が高いと思っていたものが、実はそうではない。

さらに初心者が思い付くようなことは、基本みんながやっている。

 

よって、一見理に適って上手くいきそうなことが、上手くいかないことは多々あるという事です。

 

成功確率が高いもの、という概念自体が間違っているのです。

 

 

この成功確率が高い(ように見える)ことだけやろうとすると、負のスパイラルに陥ります。

 

初心者が思い付きそうなことばかりやってしまう。

結局成果が出なくて、その内何もできなくなる。

 

 

失敗できないと思っているから成功確率が高いものを探しているのです。

 

これも上手くいかない、

あれも上手くいかない

 

そんな風に思ってしまった瞬間に挫折が始まります。

 

 

成功っていうのはそういうものじゃない。

 

成功とはやる前の確率で上手くいくことじゃないのだ。

この認識を持たなくてはなりません。

 

知識は重要です。

 

自分で思い付かないことも多々ある。

だから色んな情報を集める。

 

 

けれど、そこから自分的に成功確率の高そうなものだけ選んでやっていても上手くいくわけないんですよね。

 

成功確率なんて自分で実際にやってみて初めてわかる事です。

 

それを後々、これは成功率高かったからまたやろう。

みたいに振り返ればいいのです。

 

 

しかし、まだやってみてもいないのに成功確率もくそもない。

 

少しでも理に適って確率がありそうな事に、

挑戦し続けない限り成功する確率なんてわかるわけないのだから。

 

 

成功とは失敗しない事ではない。

 

失敗しながら上手くいく方法を探すことである。

 

 

日本人の現状を見ていたら、簡単にわかりますよね?

 

小中高と勉強を頑張って、良い大学に入って有名企業に就職。

そこで一生働いて安泰の人生が最も成功確率が高い。

 

そんな風に教え込まれてきて、皆そう認識していた。

 

 

しかし、終身雇用はブチ壊れて、景気が悪くなったせいで給料も下がる。

有名企業でもリストラが横行して、そうでなくても稼ぐためには自分の時間を全て削りながら働かなくてはいけない。

 

安泰とはなんぞや?

という状況になりました。

 

何が成功確率でしょう。

未だにその神話にすがって生きる人々がたくさんいます。

 

結局他に生き方がわからないから、それで生きるしかない。

 

失敗しない生き方をするために、

ほぼ確実に失敗する道を生きるという矛盾の中で生きるのです。

 

 

本当の人生の生き方というのは全然違う。

 

失敗しながら、自分が成功できる道を探すのだ。

 

知識は失敗しないためにあるのではない。

無駄な遠回りをしないためにある。

 

何も感覚が無い人に、ある程度の方向を示すためにある。

 

それを見ながら、自分の力で道を探し出す。

 

それが成功のための唯一の道ですよ。

 

 

だから成功できそうな事だけをやるというのは間違いです。

 

何か自分の中でヒットするようなものがあったら、すぐにやってみましょう。

終わった後に、これは上手くいく確率高いな、低いなは考えればいい。

 

 

あ、でも一つに分野に絞ってください。

 

アフィリエイトをやっていた人間がちょっと上手くいかないからってFXやり始めるのとかはダメです。

 

アフィリエイトの中でやれることなんていくらでもありますから。

 

もっと言えば、ブログアフィリの中でもやれることなんていくらでもある。

 

 

だからそれを全部やるのです。

 

情報収集して知識に投資して。

 

ずっと同じことだけやっていたり、

極端に実践するノウハウが少なすぎると成功できません。

 

 

これが、向上心がある人が上手くいかない理由だと考えました。

 

成功した過ぎて、上手くいきそうなことしかできない。

成功したかったら、その分野においてスペシャリストになりましょう。

 

スペシャリストととはその分野でやれることは全部やって、失敗を重ねまくった人の事です。

 

失敗して良いのです。

 

「これは上手くいきそう」

「こっちは失敗しそう」

 

失敗してもいいんですってば!

完璧主義は捨ててください。

 

特定の狭い分野でやれることは全部やる。

そのために情報と言う名の地図をたくさんかき集める。

 

絶対に成功できます。

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント