どうも、Yuです。

 

今回は市場内のターゲット需要毎の段階を示した

「OATHの法則」について解説します。

 

こちらの法則で、

人間が商品に興味を持つプロセスが分かります。

 

 

 

 

OATHの法則とは?

 

OATHの法則とは、

市場内にいる見込み客の

商品に対する興味段階を示した法則です。

 

一つの市場内の見込み客は

以下の4つの段階に分別されます。

 

・O(Oblivious): 無知

・A(Apathetic): 無関心

・T(Thinking):考えている

・H(Hurting):今すぐ解決したい

 

この4つの頭文字をとってOATHの法則と言われています。

 

 

まずOの段階にいる人は

自分が抱えている悩みに気付いていない状態です。

 

現状のままでどんなリスクがあるのか、

どんなデメリットがあるのかを理解していないので

この段階にいる人に商品を売るのはかなり至難です。

 

 

次にAにいる段階の人、

彼らは問題は認識しているが

それを解決しようとしていない人になります。

 

問題のリスクを特別重要視ししていないということです。

 

なので、そのリスク教育をしっかりすれば

商品が売れる可能性が高くなります。

 

 

さらに次のTの段階にいる人、

彼らは問題のリスク・デメリットを

認識して、その解決方法を考えています。

 

なので、商品の有用性やメリットについて

しっかりと教育すればかなり購入してくれる確率は高くなります。

 

 

最後にHの段階にいる人ですが、

彼らは悩みに対する緊急性を感じています。

 

つまり、今すぐ解決しないと

何らかの大きなデメリットが発生する状態です。

 

この段階にいる人には

ほとんど教育パートは要りません。

 

その問題を解決できるであろう商品さえあれば

自然に購入という行動をとってくれます。

 

 

 

OATHは教育の手順

 

以上がOATHの法則が表す

見込み客の商品に対する興味の段階です。

 

当然、下に行くにつれ

商品を購入してくれる可能性が高くなります。

 

セールスページやステップメールで

教育する時は、

この全ての人を包括するように作ると良いです。

 

つまりまず現状維持の問題自体を把握してもらい、

それで生じるリスクを教育し、

自分の商品がそれを解決できることを伝える。

 

最後に商品購入の行動を起こしてもらう。

 

ということです。

 

 

OATHはそのまま売れる教育パートの

手順を表しています。

 

これを使って、成約率の高い

セールスレターを書くことが出来るわけです。

 

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント