どうも、Yuです。

 

今回は集めた見込み客に対して

商品の必要性を説く教育コンテンツの基本を解説します。

 

自分のブランディングを強化して

集客とセールスの橋渡し役となるコンテンツです。

 

 

 

 

教育コンテンツとは?

 

教育コンテンツは、

自分の媒体にいる見込み客に対して

商品の必要性を説くためのコンテンツです。

 

言い換えれば、

自分のブランディングを作るための

コンテンツとも言えます。

 

 

教育コンテンツに織り込む要素は

以下の4つになります。

 

目的の教育

 

手段の教育

 

問題の教育

 

行動の教育

 

 

まず目的の教育で

自分と読者が目指す最終目的を明確に共有します。

 

そして次に、

そこに行きつくための手段の教育を行います。

 

これは必要なツールやノウハウがどんなものなのか?

について情報提供します。

 

 

目的と手段の教育で

何をすべきなのかはある程度理解してもらえます。

 

しかし、それだけでは

成功できない何らかのハードルがあるはずです。

 

そのハードルについて、

それを残したままだと成功できないことを

明確に伝えるのが問題の教育です。

 

 

そこまでできれば最後に

そのハードルを越えるための行動を起こしてもらいます。

 

具体的には「商品の購入」です。

 

 

つまり目的・手段の教育で

ある程度の全体像を把握させ、

問題の教育で商品の必要性を説きます。

 

最後に商品を勧めて、

購入してもらう様に扇動をする。

 

この流れを中長期的に行っていく、

それが教育コンテンツの役割です。

 

 

なので定期的にメールを送れる

メルマガが最も効率が良い媒体になります。

 

集客した有象無象の読者を

「商品の購入」というゴールにまで

導くのが教育コンテンツの役割です。

 

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント