どうも、Yuです。

 

今回は商品を成約させるために必須になるコピーライティングスキルの中でも

特に重要でかつ即効性のある「フック」と呼ばれるテクニックについての解説動画です。

 

フックが使えないと、

無料レポートもダウンロードされませんし、

送ったメールが開かれることもありません。

 

 

 

コピーライティングのフックとは?

 

 

フックとは直訳すると「引っ掛けるもの」ということになります。

 

ピーターパンに出てくるフック船長の腕の先についているやつですね。

 

あれを使えばありとあらゆるものに

自分を引っ掛けさせることができます。

 

 

そしてネットビジネスにおけるフックとは、

フック船長のように物理的な意味ではなく、

「人の心に引っかかる文章やフレーズ」という意味になるのです。

 

 

 

フックがないとどうなるのか?

 

人の心に引っかかる文章やフレーズがなぜ必要なのかというと、

ネットのコンテンツとはほぼすべて流し読まれているからです。

 

ネットユーザーとは基本的に

上から下まで1から10まで精読することはありません。

 

長い文章の中でも自分が気になった部分だけを目に入れる傾向にあります。

 

 

例えるなら少年ジャンプなどの漫画雑誌ですね。

 

ジャンプ読者の中で最初に掲載されている漫画から、

最後に掲載されている漫画まですべてを読む人がどれだけいるでしょうか?

 

恐らくほとんどいません。

 

ほぼすべての読者が自分が好きな漫画タイトルだけを読むためにジャンプを買うでしょう。

 

 

ネットビジネスもこれと同じです。

 

特にお金を払って読んでいるわけではないネット上のフリーコンテンツなんて

「なんか気になる情報はないかな?」程度のモチベーションがほとんどです。

 

これを小説のように最初から最後まで読まれないと理解されない

ように作っては全く機能しないわけなんですね。

 

なので、この「フック」で読者の心をとらえる必要があるわけです。

 

 

 

フックは人間心理を利用する

 

フックは、人間が好む数字や希少価値の高いものを

盛り込むライティングテクニックです。

 

流し読んでいるネットユーザーの目を

その一点でしっかりと止め、

自分に興味を持たせるために使います。

 

 

これを使えないということは、

 

自分のコンテンツをただの背景にするのと一緒です。

 

メールやサイト上の白いスペースと

自分のコンテンツをほぼ同じにしてしまうことと同義なのです。

 

 

なので、「フック」はネットビジネスをするならまず確実に使わなくてはならないテクニックとなります。

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント