どうも、Yuです。

 

今回はメルマガライティングに重要な、

「1メール1用件の原則」について解説します。

 

用件の数を制限することで

読者に正しく理解してもらうことが出来ます。

 

 

 

 

1メール1用件の原則とは?

 

1メール1用件の原則とは

一つのメルマガ(メール)には

用件を一つ扱わない、というものです。

 

読者にたくさん情報提供しようと

複数のテーマを一つのメールで書いてしまうと、

逆に一つも理解してもらえない、なんてことになります。

 

 

読者にとってほとんどの知識は未知のものです。

 

そこで一度にたくさんの情報を与えすぎると

記憶に定着しずらくなります。

 

 

 

その日の目的をはっきりさせる

 

大切なのは、毎回のメルマガに

目的意識をしっかりと持つことです。

 

その日のメールは

「何を伝え、理解してもらいたいのか?」

 

このテーマをはっきりと口にできるようにしましょう。

 

そうすれば自ずと

用件は一つにまとまっていきます。

 

結果、読者の方にとって

理解しやすい文章になるのです。

 

 

難しく考える必要はありません。

 

読者の事を考えて

分かりやすいメルマガを書く。

それだけです。

 

 



生活費のためにバイト地獄で全く時間がなかった僕が、

月収114万円を稼げるようになった手法を今だけ無料で公開します。


初心者の方でも無理なく「実績構築→情報販売→自動化」という

ネットビジネスの王道を進めるように設計しました。


自由を手にいれる最短の道を知りたい方はこちらからどうぞ!

自由への最短距離を示すネットビジネスの教科書




最短で実績を作りたいネットビジネス初心者の方へ!

プレゼント